FC2ブログ

投資家Mの重賞馬券

マイラーズC フローラS予想  

マイラーズC予想

◎インディチャンプ
○ダノンプレミアム
▲パスクアメリカーナ
★グァンチャーレ
△モズアスコット
△ケイアイノーテック

逆転あるとすればインディチャンプという意味で本命にした。

単1倍台濃厚のダノンプレミアムだが、
パワー馬場から軽い馬場、距離2000からマイルへの短縮、
レースセンスは抜群だがスピードへの対応に若干ながらの不安あるのならば、

という感じで裏が入る事に期待しながらというところ。

推薦馬券

馬単◎→○
3複2軸◎○~印4頭



フローラS予想

難解な一戦だが、
本命はランキングに穴候補として紹介したフォークテイル

開幕週の良。基本、内枠・前有利。

外枠を引いたのは痛いところだが、
昨年も13人気パイオニアバイオが15番枠から機動力を生かし2着激走。

パイオニアバイオとは共通点が多く、

パイオニアバイオ 
ノーザンF
前走、牡馬混合の中山1800 最終角3番手
キンカメ系(ルーラーシップ)xSS系(ゼンノロブロイ)

フォークテイル
ノーザンF
前走 牡馬混合の中山1800 最終角4番手
キンカメ系(ロードカナロア)xSS系(ダンス)

ちなみに二桁人気で飛び込んだ、
17年1着モズカッチャン、16年3着アウェイクも前走牡馬混合。

今年は5頭が牡馬混合から参戦するが、

アモレッタ・・新馬戦
パッシングスルー・・マイルのシンザン記念
ヴィエナブロー・・フォークテイルに完敗・外枠
レエオンドーロ・・間隔詰まり過ぎ


牝馬ながら2戦目でシンザン記念にぶつけてきたあたり素質はあるパッシングスルーと迷ったが、
マイルからの距離延長を嫌ってフォークテイルを本命とした。

◎フォークテイル
○パッシングスルー
▲シャドウディーヴァ
★ウィクトーリア
△エトワール
△エアジーン
△セラピア

馬券は→
最強競馬ブログランキングへ


スポンサーサイト

皐月賞結果とフローラS大穴  

皐月賞結果

◎ダノンキングリー   3着
○ファンタジスト
▲サートゥルナーリア  1着
★クラージュゲリエ   5着
☆ヴェロックス     2着
△サトノルークス
△アドマイヤマーズ
△シュヴァルツリーゼ
△ラストドラフト
△ニシノデイジー

早い段階で雨予報が出ていたが降らずの良馬場。

重い印5頭で決着したが、馬券は押さえの3複のみで大トリガミ。

ダノンキングリー2着なら一応利益は出たが、
いずれにしても近年稀にみるガチガチでどうにもならない。

期待した池江厩舎の穴馬の不発も痛かった。

1着サートゥルナーリア←前走ホープフルS
2着ヴェロックス←前走 阪神2000若葉S

異例なローテでの決着だったが、終わってみれば力が抜けていたという事だろう。

共同通信杯の連対馬ダノンキングリーがタイム差なしで3着には来ているので、
来年以降も◎に関して狙いを変える必要なし。


勝ち馬サートゥルナーリアは桜花賞のグランアレグリアと同じルメール騎乗、
更に外厩仕上げからのブッツケというパターンも一緒だったが、

さすがに1,7倍はやり過ぎじゃないかな。

所詮ギャンブルであり、仮に1着にきても全くおいしくない。

友人は馬単アタマ固定で4頭に流して的中していたが、
馬単という馬券は裏が入った時に期待値が発生するわけで、

今回のように馬連950円→馬単1140円、
はっきり言って魅力ゼロの上乗せ。

これをやり続けると必ず負ける。

2人気のアドマイヤマーズはやはり距離持たなかった。

ダイワメジャー産駒は庭が決まってるし、
早熟タイプが多く古馬になると消える馬も多い。

もちろんマイル参戦で有力に違いはないが。


さてダービーだが、

サートゥルナーリアがダービーを見据えて(おそらく)8分のデキで勝ってしまったんだから当然有力筆頭となる。

同産駒アーモンドアイがオークス楽勝しているが、

ダービー馬キンカメを持ち、
母シーザリオはオークス馬、母父スペシャルウィークもダービー馬と血統も文句無し。

ただ前述したように単1倍台の馬を1着固定で買うなんてことはしないんで、
その点買いづらいレースになるかな。

今のところ皐月賞よりはダービーが合う、
ディープxストームキャットのダノンキングリーに再び◎を打つ予定だが。


今週はG1狭間、

土曜に福島牝馬S
日曜にフローラSとマイラーズCが開催される。


マイラーズCの狙いの一つは王道配合SSxノーザンダンサー系。

18年
1着 ディープxデピュティM

17年
3着スニッツェル(ダンチヒ系)xSS

16年
2着ディープxニジンスキー
3着ダンスインザダークxリファール系

15年 
1着アグネスタキオンxリファール系
2着ダイワメジャーxデピュティM
3着ディープxダンチヒ系

14年
2着ディープxダンチヒ系

13年 
3着ディープxニジンスキー系

12年
1着ホワイトマズル(リファール系)xSS
2着ディープxニジンスキー系

中でもディープxニジンスキーまたはダンチヒ系の好走が目立つ。

ケイアイノーテック
ディープxミスプロ系(母母父ダンチヒ)

ダノンプレミアム
ディープxロベルト系(母母父ダンチヒ)

コウエイタケル
ステゴxフレンチ(母母父ニジンスキー系)


ダノンプレミアムは鉄板級として、
血統面で言えば穴候補としてケイアイノーテックには期待したくなる。

4戦連続馬券圏外、前走ダート、今回58k、先行力が足りないなど悪条件も揃っているが、

開幕週の軽い馬場で33秒台の上がりが求められるレースとなれば買ってといて損はないというところ。


そして旨味的に面白そうなのがフローラS。

18年 2着に13人気が入り馬連133倍 3複207倍
17年 1着12人気、2着10人気で馬連320倍 3複350倍
16年 3着に13人気が入り3複530倍
14年 3着に13人気が入り3複1896倍


過去5年で二桁人気が5頭も入っている。

その5頭の前走を見ていくと、

18年13人気2着 パイオニアバイオ
ルーラーシップxSS系(フレンチ)
未勝利・中山2000・4角3番手

17年12人気1着 モズカッチャン
ハービンジャーxキンカメ(ストームB)
500万・中山1800・4角先頭

17年10人気2着 ヤマカツグレース
ハービンジャーxグラスワンダー
500万・阪神1800・4角2番手

16年13人気3着 アウェイク
ディープxミスプロ系
500万・東京2000・4角2番手

14年13人気3着 マイネオーラム
ステゴxコマンダーインチーフ(ミスプロ系)
500万・中山1800・4角3番手


大穴条件として共通点が幾つも存在。

前走未勝利or500万下の1800~2000で4角3番手以内。

ミスプロ内包が5頭中4頭。
5頭中4頭が前走関東圏。


今年のメンバーで大穴条件を満たしている馬は、
(4角4番手以内まで広げた該当馬)

ウィクトーリア(ミスプロ)
3歳500万 中山1800 1着
ヴィクトワールピサxウォーエンブレム

エアジーン
ミモザ500万 中山2000 1着
ハービンジャーxフジキセキ(ヌレイエフ)

エトワール 
ミモザ500万 中山2000 2着
ハービンジャーxシンボリk(SS)

セラビア △キャリア1戦
未勝利 阪神1800 
オルフェxTapit

フェアリーポルカ 
君子蘭500万 阪神1800 1着
ルーラーシップxアグネスタキオン(ヌレイエフ)

フォークテイル(ミスプロ)
若竹500万 中山1800 2着
ロードカナロアxダンス(ノーザンT)

ペレ
3歳500万 中山1800 2着
ハーツクライxCactus Ridge

レオンドーロ(ミスプロ)
ひめさゆり500万 福島2000 2着
ハーツクライxマイネルラヴ

ヴィエナブロー
3歳500万 中山2000 4着
サドラー系Camelotxダンチヒ系


因みに前走1800、2000以下の成績は、
過去10年(2-1-4-50)と散々な結果。

最後に買える大穴を紹介

最強競馬ブログランキングへ



皐月賞予想  

重馬場にでもならない限り距離延長ローテが効くのが近年の流れ。

半信半疑の圧倒的1人気サートゥルナーリアが該当してないなら、
セオリー通り喜んで1800重賞連対馬から狙う。

アドマイヤマーズ  共同2着
ファンタジスト   スプ2着
ダノンキングリー  共同1着
ランスオブプラーナ 毎日1着


おそらく早いラップで逃げるランスオブプラーナを始め先行馬が揃った。

そこにサートゥルナーリアも加わるとなれば激流の可能性も。

という事で差し有利とみる。

力関係ならアドマイヤマーズだが、中山2000で積極的に買える配合ではない。
ダイワメジャーxマキャベリアン系(ミスプロ)

バリバリのマイル血統でしかも3人気か。

元々重い印を打つ予定でいたファンタジスト・ダノンキングリーが
内で溜め直線弾けるには絶好枠を引いた。

18年→12年

1着オルフェ
2着ルーラーシップxアグネスタキオン
3着スクリーンヒーローxダンチヒ系

1着ディープ
2着ハービンジャーxSS
3着ルーラーシップxSS

1着ディープ
2着ディープ
3着ディープ

1着キンカメxSS
2着ディープ
3着ブラックタイド

1着フジキセキ
2着キンカメxSS
3着スペシャルウィーク

1着ローエングリンxSS
2着シンボリxSS系
3着キンカメxSS

1着ステゴ
2着ディープ
3着ディープ

明らかに目立つ種牡馬はディープとキンカメ系。
揃って不発に終わった年は一度もない。

今年のメンバー

・ディープ系
サトノルークス   ディープ
ダノンキングリー  ディープ
メイショウテンゲン ディープ
ダディーズマインド トーセンホマレボシ
ナイママ      ダノンバラード

・キンカメ系
ファンタジスト   ロードカナロア
クラージュゲリエ  キンカメ
サートゥルナーリア ロードカナロア

王道ローテ、ダノンキングリー・ファンタジストがガッツリ該当。

本命をどちらにするかだが、

ファンタジストは父・母共に短距離指向が強いため、
ダノンキングリーを本命とする。

穴は大阪杯同様、皐月賞でも要注意の池江厩舎2騎。

サトノルークスは雨オッケーの母父サドラー。

クラージュゲリエの馬体重、大幅増→大幅増→調教後増は気になるが、
キンカメに超人気薄のロベルト持ちは買い。

問題は大勝利を収めた弥生賞組だが、
実際、当時は馬場も重でほとんど参考にならない。

元々メンバーレベルを評価してないし、押さえ評価くらいでいいだろう。

外差しはまったメイショウテンゲンではなく、

調教良かったラストドラフト。

実力的に唯一可能性を残していると思われるのがキャリアの浅いシュヴァルツリーゼ。
前走プラス10kも買い材料。

良なら巻き返しあるかニシノデイジーは人気的に面白い。


◎ダノンキングリー
○ファンタジスト
▲サートゥルナーリア
★クラージュゲリエ
☆ヴェロックス
△サトノルークス
△アドマイヤマーズ
△シュヴァルツリーゼ
△ラストドラフト
△ニシノデイジー

推薦馬券

単勝◎○ 2点
ワイド◎ー○ 1点
馬連◎ー○▲★☆ 4点
3複フォメ▲~◎○~印全部 15点


最強競馬ブログランキングへ

桜花賞結果と皐月賞ポイント  

桜花賞結果

◎グランアレグリア  1着
○ダノンファンタジー 4着
▲クロノジェネシス  3着
★ノーブルスコア
★フィリアプーラ
△シェーングランツ
△アクアミラビリス
△ビーチサンバ
△シゲルピンクダイヤ 2着


◎グランアレグリアがレコード圧勝V

印も◎△〇で決着したが(最強競馬ランキングの予想は的中も)馬券は外れ。

◎ー○▲の馬連2点が大本線。

どちらが来てもそこそこ利益は出ていたが、
読み通りのスローであの位置からダノンファンタジーが4着に負けるとは。

外枠も響いたか。

イン突き和田の好騎乗でシゲル1頭にやられた感はあるが、
買い方次第でどうにもなった。

シゲルピンクダイヤはダイワメジャー産駒という事で穴条件は満たしていたものの、
8枠16番という事で軽視してしまったよ。



今週は皐月賞。

1人気はホープフルS以来のレースとなるサートゥルナーリアだろうが、
同じくぶっつけ本番で勝利したグランアレグリアの桜花賞とは少々状況が異なる。

牝馬は桜花賞を目指し、牡馬はダービーを目指す。

一昨年レイデオロが皐月賞と同舞台である葉牡丹賞・ホープフルで完勝しながら、
皐月賞凡走→ダービー馬となった。

ホープフルが当時G2であった違いはあるものの、
同じ間隔で出走してくる。

当時のジョッキーは同じくルメール。

そして今回のサートゥルナーリアはテン乗りとなる。

事情はどうあれ普通に考えればダービーを見据えての乗り替わり。

ここがメイチか微妙なラインで全幅の信頼は無い。


各年の好走馬のローテ

18年
1着 スプS 3人気2着
2着 弥生賞 5人気4着 2000
3着 京成杯 1人気1着

17年
1着 毎日杯 2人気1着
2着 アーリ 1人気1着 1600
3着 きさら 2人気3着 

16年
1着 共同通 6人気1着
2着 弥生賞 2人気1着 2000
3着 きさら 1人気1着

15年
1着 共同通 1人気2着 ドゥラメンテ
2着 スプS 1人気2着 
3着 スプS 1人気1着

14年
1着 共同通 1人気1着
2着 弥生賞 1人気1着
3着 若葉S 1人気2着 2000


ポイント
・前走1人気が毎年馬券
・勝ち馬は前走1800重賞で連対
・前走連対でほぼ独占(4着以内でパーフェクト)



更に前走プラス体重だった馬が毎年連対している。

18年   2着
17年 1着2着
16年 1着
15年   2着
14年 1着
13年 1着2着3着
12年 1着
11年   2着

余力面や成長など考えられるが今年も機能するだろう。

★前走1人気
アドマイヤマーズ
ファンタジスト
ヴェロックス
ニシノデイジー
サートゥルナーリア
アドマイヤジャスタ


★勝ち馬は前走1800重賞で連対
アドマイヤマーズ  共同2着
ファンタジスト   スプ2着
ダノンキングリー  共同1着
ランスオブプラーナ 毎日1着


△前走3着以下
クラージュゲリエ  共同3着
ニシノデイジー   弥生4着
ラストドラフト   弥生7着
ブレイキングドーン 弥生3着
クリノガウディー  スプ6着
タガノディアマンテ スプ4着


★前走プラス体重(サートゥル除く)
アドマイヤマーズ   8
サトノルークス    6
ファンタジスト   10
ダノンキングリー   4
クラージュゲリエ  12
ニシノデイジー    6
シュヴァルツリーゼ 10
ブレイキングドーン  4
クリノガウディー   2
アドマイヤジャスタ  4
ナイママ       2


今年は前走プラス体重が異常に多いが、
昨年サンリヴァルが前走+10kから12k落として9人気2着と激走。

前有利の先行策というのもあったが、この手のパターンには要注意。


現在◎候補としている馬を公開

最強競馬ブログランキングへ

輸送でどのくらい減るか。

桜花賞予想  

昨日行われた阪神牝馬Sはスローの上がり比べで前有利となったが、
今年の桜花賞メンバーもそれに近い状況。

例年通りの展開なら外枠&臨戦過程・調教と文句無しのダノンファンタジーを本命にするのが筋だが、
川田がハープスターの競馬をやったら怖い一面も。

そのダノンファンタジーを唯一負かしている馬、
それも子ども扱い、寄せ付けず圧勝しているグランアレグリアを本命。

前回紹介した毎年連対圏の条件、6番より外のクラブ馬に合致。

デビューから3戦すべて牡馬戦。
それもG1含む重賞2本で共に好走。

陣営としては間に1本挟みたかったところだが、
状態も良さそうなので問題ないだろう。

唯一不安は輸送だが普通に走れば世代ナンバー1なのは間違いないし、
前で競馬をできるのも今回は良い。

王者ダノンファンタジーを力で負かすとしたらこの馬かクロノジェネシス。

対抗は素直にダノンファンタジー。

以下、順当ならクロノジェネシス・ビーチサンバ・アクアミラビリスだが、

クロノジェネシス・・・バゴ
ビーチサンバ・・・クロフネ
アクアミラビリス・・・ヴィクトワールピサ

桜花賞で好んで買いたいと思わない父を持つ面々。

しかもゴリゴリの人気2頭が上位なので、
少し穴を用意して配当上乗せを狙いたいところ。

狙いは王道ローテのチューリップ賞組か。

当初は程よく負けて人気を落とすシェーングランツを予定していたが、
いかんせん枠が悪すぎる。
人気が無いので押さえるが藤原和ならやはりグランアレグリアだ。

2着のシケルピンクダイヤは穴条件を満たしているダイワメジャー産駒。
3着候補ならアリだが非社台の外枠は一手欠ける。

穴は阪神牝馬Sを見て面白いと思ったのがノーブルスコア。

ダンチヒ持ちのワンツースリーで3単72万と大荒れだったが、
勝ち馬ミッキーチャームと同配合ノーブルスコアは岩田だけに注意したい。

もう1頭キャロットFのダンチヒ持ちフィリアプーラ。


◎グランアレグリア
○ダノンファンタジー
▲クロノジェネシス
★ノーブルスコア
★フィリアプーラ
△シェーングランツ
△アクアミラビリス
△ビーチサンバ
△シゲルピンクダイヤ

推薦馬券

馬連BOX ◎ー○▲(2点)
3単フォーメーション ○▲→◎→△△△△(8点)
3複フォーメーション ◎○~★★~◎○△△△△(22点)

馬連厚め、3連馬券は小銭で。

▲Page top